転職エージェントに複数登録する3つのメリット・デメリット

投稿 2021.10.7

目次

転職エージェントを利用した転職を二度ほど経験しました。
二度目の転職では転職エージェントをうまく活用し、
300万円ほど年収をアップすることができました。
その経験から複数の転職エージェントに登録すると
自分の希望条件に合う求人を見つけやすいと感じました。

メリット

  1. 紹介される求人数が増える
  2. 相性のいい営業担当者と出会える
  3. 自分語りが上手くなる

1. 紹介される求人数が増える

これが複数登録する最大のメリットで、あとの情報はおまけと言っても過言ではありません。

当たり前のことですが、一つの転職エージェントが持つ求人案件には数に限りがあります。
複数の転職エージェントに登録することでその絶対数は大きくなります。
転職エージェントには実際に非公開求人もあり、検索してもヒットしない求人案件もあります。

ご自身が働く会社の求人を見ても、掲載する媒体や転職エージェントは
何社かの馴染みのところに頼むのではないでしょうか。

2. 相性のいい営業担当者と出会える

大手エージェントは営業担当者がたくさんおり絶好のタイミングで絶好の求人を持ってきてくれることが稀にあります。
また小さいエージェントでも一部の企業に強力なコネクションを持っていたりします。

逆に熱心に動いてくれない担当者や、連絡が全く来ない転職エージェントもあります。
逆の立場で考えればわかると思いますが、その営業担当者や
転職エージェントが持ってる求人案件によって、商品であるあなたの価値は変わります。

3〜5社ほど大手に登録し、あとは転職サイトに登録するのがお勧めです。
転職サイトに登録すると小規模エージェントから求人紹介メッセージが届くと思いますので、興味のある求人案件を持つ小規模エージェントには追加で登録するといいと思います。

3. 自分語りが上手くなる

転職エージェントに登録すると、基本的には営業担当者との面談を通して
自身の経歴や希望条件など話をすると思います。
初めのうちは自分の経歴説明の話し方や、希望条件が定まっていないものですが、
何度かいろんな担当者と会話するうちに徐々に明確になってきます。
担当者がアドバイスをくれることもあれば、話してるうちに自分自身で気づくことができます。
たくさんの人と話すことで、面接や書類が少しずつ洗練されていきます。

デメリット

  1. 担当者によっていうことが違う
  2. メールや電話が増える
  3. スケジュール調整が複雑になる

1. 担当者によっていうことが違う

転職エージェントには色々とアドバイスをくれる方もいますが、間違ったことも言います。

年収は100万円アップできれば良いほう、それ以上は難しい。
この企業はあなたの経歴では難しい。こっちの会社を受けたほうがいい。

私を担当してくれた転職エージェントの中にはそのように言う人もいました。
しかし、実際には300万円アップは実現可能でしたし、難しいと言われた企業の内定も、別の転職エージェントからの紹介で獲得することもできました。
転職エージェントは味方ではありますが、あくまで商売としてやっています。
転職エージェントにとって我々被紹介者は商品です。
転職成功によってのみ紹介先企業から報酬を得ているわけです。

自分が持っている求人案件と、商品の市場価値を照らし合わせ、成功率が高いマッチングをするのが一番効率のいいやり方です。
そのため、転職エージェント本意な求人紹介を妥当であるかのような顔をして勧めて来ることもあります。
言われるがまま条件を妥協したり、挑戦もせずに希望の企業を見送る必要はありません。
希望の紹介をしてくれなければ毅然と断り、別のエージェントを頼ればいいだけです。
転職の目的が定まってないと、エージェントに流されるまま希望してなかった企業に就職してしまうこともあるので注意が必要です。

2. メールや電話が増える

メールはうざいほど届くようになりますが、これは仕方がありません。
Gメールなどフリーメールアカウントを使って、うまくフォルダ分けをするといいでしょう。
私の場合は転職フォルダを作成し、その下に転職エージェントごとのフォルダを作っていました。

応募を進めている担当者からのメールなどはさらにフォルダ分けをして、
見逃さないように注意するのがいいと思います。

3. スケジュール調整が複雑になる

希望の転職を叶えるコツは複数の内定を同時期に獲得することです。

転職エージェント一社からの応募のみであれば、応募から内定までの
スケジュールを担当者がうまく調整してくれることが多いですが、
複数の転職エージェントや転職サイトから応募をすると
スケジュール調整を自身で行う必要があります。

なるべく、転職エージェントには他社でいつどんな企業を受けているのか
情報共有するようにした方がスムーズにいきます。

キャリアチェンジのための転職理由の書き方・作り方

キャリアチェンジ・未経験で転職される方は以下の記事もおすすめです。

https://24365.dev/posts/20211006-tenshoku-riyu/

この記事を書いた人

avatar

にいよん

WEBエンジニアで0&2歳娘のパパです。フルリモートでちいたまに引きこもり中。密かにFIRE目指してます。こんな情報を発信中→投資、IT技術、副業、仮想通貨、暗号資産、NFT、メタバース、ブロックチェーン

© 2021 - 2022 24365.dev