技術(テック)ブログを収益化することはできるか

投稿 2021.11.10

目次
  • 技術ブログは稼げるのか
  • 稼げるとしたらどんな方法があるのか
  • 稼げるとしたらどのくらい稼げるのか

当サイトはこの記事の執筆時点で開始1ヶ月程度で、収益は0です、はい、実績はありません。

そして技術ブログとして始めたにも関わらず、「技術」の話題から逸脱しつつあります。

技術ブログで稼ぐために以下の観点から超必死に調査した結果このようなブログになりました。

この記事を読むことでその理由も理解いただけると思います。

調査観点

  • 収益を上げている技術ブログの傾向
  • ブログでの稼ぎ方

IT系エンジニアの方は自身の勉強や記録のため技術ブログをやっている方が多いです。

そこで気になるのが「技術ブログは収益化できるのか」という点です。

難しいという意見もよく聞きますが、ブログを続けるモチベーション維持のためにも収益化したいところです。

技術ブログは稼げるのか

結論としては、稼げます。

稼げますが、ブログの作り方や、マネタイズ方法によって稼げる額は全然違います。

よくあるのが、記事内容は本当に技術的な情報のみ(やってみた系のチュートリアルや作り方の解説など)で、あとはGoogle Adsenseを貼り付けるだけのブログです。

記事数を増やし、PV数が増えれば多少は稼げるようになりますが、大した額にはなりません。

月間PV数に対するGoogle AdSenseの収益目安

Google AdSenseはPV数に応じて大体どのくらい稼げるのかが予測可能です。

1PV単価の平均は、多くの収益実績をあげているブログの調査結果から、0.2円〜0.3円が妥当と考えています。

出典:tanweb.net

1PV単価0.2円の場合

月間PV数
収益額目安
1万PV
2,000円
3万PV
6,000円
5万PV
10,000円
10万PV
20,000円
20万PV
40,000円
30万PV
60,000円
40万PV
80,000円
50万PV
100,000円
100万PV
200,000円

1PV単価0.3円の場合

月間PV数
収益額目安
1万PV
3,000円
3万PV
9,000円
5万PV
15,000円
10万PV
30,000円
20万PV
60,000円
30万PV
90,000円
40万PV
120,000円
50万PV
150,000円
100万PV
300,000円

100万PVでやっと30万円です。

いくつか技術ブログの実績公開している記事を見ると、1年間継続し毎月1万PV前後の方が多い印象です。

技術ブログではありませんが有名なブロガーだと、イケダハヤトさんやマナブさんが100〜200万PVレベルのようです。

100万PVを叩き出すのは相当な怪物ブログということになります。

改めて結論としては、稼げることは稼げるが、技術系記事だけを書いていても大した稼ぎにならないということがわかりました。

次に気になるのは「生活できるくらい稼ぐにはどうしたらいいのか」。

技術ブログで稼ぐ方法

これは技術ブログに限らず、一般のブログでも同じですが、稼ぐ方法としては以下の4つが考えられます。

  • クリック型広告
  • アフィリエイト
  • 記事自体を販売する
  • 自分の商品やサービスを売る

クリック型広告

先ほど例に挙げたGoogle AdSenseがこのクリック型広告になります。

Google AdSense以外にも提供している企業はいくつかあります。

Google AdSenseの場合ですが、広告内容は自動的に最適化されて表示されます。

他のサイトで閲覧した商品が、別サイトの広告に表示された経験はないでしょうか。

サイト管理者は広告を意識することなく、Google AdSenseが最適な広告表示をしてくれます。

そして、広告がクリックされた時点で報酬が発生します。

アフィリエイト

クリック型とは違い、「サービス申し込みされる」「商品が売れる」などの成果に至った時点で報酬が発生します。

基本的にはアフィリエイトサービスプロバイダ(通称ASP)と呼ばれる、広告を出したい企業とブロガーなどサイト運営者とをつなぐ仲介サービスに申し込みをして、広告を掲載できるようにします。

難易度が高い分、クリック型広告に比べ高単価な傾向にあります。

有名ASP

記事自体を販売する

課金をさせることで記事を読めるような仕組みにする方法です。

WordPressのプラグインを使って有料記事として販売することも可能です。

また、以下のようなブログプラットフォームを利用することで、記事や本を販売することも可能です。

Brainというプラットフォームもありますが、ブログというよりコンテンツ販売に特化し過ぎているので割愛します。

自分の商品やサービスを売る

他の方法に比べると、ブログ自体で収益を上げるというより、ブログを経由して間接的に商品やサービスを売るという方法です。

技術ブログでどのくらい稼げるか

アフィリエイトの場合

これも技術ブログに限った話ではありませんが、稼いでいるブログはアフィリエイトを中心に利用しています。

戦略的にアフィリエイトを利用して収益を上げているブログは、月に100万円以上稼ぎ続けています。

技術ブログも同様、戦略的にアフィリエイトを利用することで、100万円以上の収益を上げることは可能です。

ただ、少なからず記事内に商品紹介など盛り込む必要があり、技術ブログとしての体裁は崩れます。

売れるための文章を書く必要があり、好きなことを好きなように書くだけでは月100万円以上はいかないでしょう。

私が参考にした「稼いでいる技術ブログ」も転職やプログラミングスクール、副業紹介、記事に関連した書籍紹介など、技術以外の記事も多く掲載していました。

記事自体を販売する場合

noteなどで月に100万円以上稼ぎ続けている方が複数いらっしゃいます。
(稼いでる風を装って商売してる方もいるようなので真偽は不明ですが)

稼いでいる方を分析すると、しっかりと読みたくなる文章で導入を書き、SNSを活用してうまく誘導しています。

また、扱っている情報も希少性があり、オリジナル性が高く、他サイトで無料公開しているような記事はほぼありません。

Zennで販売しているBoooksですが、2000円の競馬予想で始める機械学習というBooksが、1000部突破と公表しています。

2020年10月が公開日なので、約一年で200万円、毎月約17万円ほど稼いでいる計算になります。

競馬予想AIの開発チュートリアルでAI分野について体系的に学べる内容で、動画も充実しており市販の教材と比較しても遜色ない内容です。

まとめ

結論としては

  • 技術ブログでも稼ぐことはできる

重要ポイント

  • 多くの収益を目指す場合は好きなことを好きなように書くだけではなく、稼ぐための仕組みが必要
  • Google AdSenseは稼げない、ASPか記事販売をしよう

この記事を書いた人

avatar

にいよん

WEBエンジニアで0&2歳娘のパパです。フルリモートでちいたまに引きこもり中。密かにFIRE目指してます。こんな情報を発信中→投資、IT技術、副業、仮想通貨、暗号資産、NFT、メタバース、ブロックチェーン

© 2021 - 2022 24365.dev