無料でdjangoブログ運用(4)-独自ドメイン+SSLの設定

投稿 2021.5.12

目次

HEROKUに独自ドメインを設定していきます。
HEROKUでのSSL設定は有料になるので「cloudflare」を使って設定していきます。


Cloudflareのアカウント作成


https://www.cloudflare.com/ja-jp/

アカウントを作成します


Cloudflareでサイト登録


取得した独自ドメインを入力しサイトを登録します

フリープランを選択します

DNSレコードが自動で生成されますが、以下のようにCNAMEを登録します。
名前にはドメイン「xxx.com」などが入ります。
2行目は「www」のみ、コンテンツの部分はHEROKUで生成されたURLを入れます

※Gmailなどへのメール転送設定を入れている方は、
 ネームサーバ変更に伴い転送されなくなってしまうので、
 MXレコードを追加してください。(以下はGoogle Domainsの例です)


名前 / ホスト / エイリアス 種類 有効期間(TTL) 優先度 値 / 応答 / 参照先
空白または @ MX 1H 5 gmr-smtp-in.l.google.com
空白または @ MX 1H 10 alt1.gmr-smtp-in.l.google.com
空白または @ MX 1H 20 alt2.gmr-smtp-in.l.google.com
空白または @ MX 1H 30 alt3.gmr-smtp-in.l.google.com
空白または @ MX 1H 40 alt4.gmr-smtp-in.l.google.com

詳細


次の画面でCloudflareのネームサーバが表示されるのでコピーします。


ドメイン取得サイトでネームサーバ設定


ドメインを取得したサイトにログイン(自分はGoogle Domains)
Cloudflareのネームサーバを利用する設定を入れます。


Cloudflare設定


次のページからCloudflareの推奨設定が表示されるので
進めていきます(自分は適当に全てチェックを入れて保存しました)


HEROKUでドメイン追加


HEROKUの画面Settingsからドメインを追加します

以上、独自ドメイン+SSLの設定方法でした。

この記事を書いた人

avatar

にいよん

WEBエンジニアで0&2歳娘のパパです。フルリモートでちいたまに引きこもり中。密かにFIRE目指してます。こんな情報を発信中→投資、IT技術、副業、仮想通貨、暗号資産、NFT、メタバース、ブロックチェーン

© 2021 - 2022 24365.dev