無料でdjangoブログ運用(5)-サイト利用方法

投稿 2021.5.13

目次

この章ではサイトの利用方法を簡単に説明していきます。


管理画面のURL編集

djangoWebSite/djangoWebSite/urls.py

urlpatterns = [
    path('admin/', admin.site.urls), #「admin/」の部分を変更
    path('', include('blog.urls')),
    path('sitemap.xml', sitemap, {'sitemaps': sitemaps}, name='sitemap'),

例:path('admin123456/', admin.site.urls)

予測されにくい文字列に変更しておきます


サイト設定

管理画面メニューの「サイト」の中に「example.com」がすでに作成されているので編集していきます

入力していくと画面上に反映されていきます。
「GA HTML」や「AdSense HTML」は入力しておくと本番環境のみタグ内に自動的に反映してくれるようになります。


categoryの作成

カテゴリを設定すると「メニュー」部分に反映されます。
そのカテゴリに属する記事一覧が出てくるようになります。


フラットページの作成

フラットページも作成すると「メニュー」部分に反映されます。
プロフィール作成などが可能です。
「内容」の部分はマークダウン形式で入力可能です。


Postsの作成

PostsではContent部分でマークダウンエディタを導入しています。
mdeditorというプラグインを使っていますが、正直いまいちです。
導入方が良くないのかもしれませんが、表側と表示が微妙に違います。
またエディターから画像のアップロードはできません。

「Image」が記事タイトル部分の画像になります。
記事中に画像を挿入するには「CONTENT IMAGES」でアップロードし、
アップロードしたURLを以下のような形式で貼ることで挿入できます。

![](https://res.cloudinary.com/hvcrpasiw/image/upload/v1/media/editor/5_03_zcwxvk)

※この辺りはいずれ改善しプッシュしておきます。
以上、簡単ですがサイト利用方法の説明でした。

これでブログとしての運用は開始できるはずです。
自由にカスタマイズして使ってください。

この記事を書いた人

avatar

にいよん

WEBエンジニアで0&2歳娘のパパです。フルリモートでちいたまに引きこもり中。密かにFIRE目指してます。こんな情報を発信中→投資、IT技術、副業、仮想通貨、暗号資産、NFT、メタバース、ブロックチェーン

© 2021 - 2022 24365.dev